赤ちゃんの頭の形をきれいにするには?

Sponsored by Google

生まれたばかりの赤ちゃんは自分でうまく身動きが取れません。

赤ちゃん

寝返りをうつこともまだできないので、
親が何もしないでおくと、ずーっと天井を見た状態で過ごすことになります。

すると「絶壁」と呼ばれる、
後頭部が平の頭の形になってしまう事がありますよね。

それを防止するためにドーナツ枕などがありますが、
正直それだけでは頭の形を丸く保つのは難しいようです。

寝返りをうったり、首を自分で動かせるようになった赤ちゃんでも、
今度は向き癖により左右非対称の頭の形になってしまう事もあります。

そうならないためには、当然、親が何とかしてあげるしかありません。

「髪が伸びたら目立たないでしょ」
と思う方もいらっしゃいますが、
男の子は短いヘアスタイルにするとやはり目立ちますし、
女の子も、アップが似合わなくなるなど気になる点はあります。

きれいな真ん丸とまではいかなくとも、
出来るだけきれいな頭の形にしてあげたいですよね。

今日は、赤ちゃんの頭をきれいな形にしてあげるにはどうしたら良いのか、
また、一度いびつになってしまった頭の形を治すには
どうしたら良いのか
考えてみましょう。

 

赤ちゃんの頭の形をきれいにするには?

赤ちゃんの頭の形をきれいに保つための基本は
「同じ方向を向かせない」
という事です。

まだ首をうまく動かせないような
本当に生まれたばかりの赤ちゃんも、
上ばかり向かせていると絶壁になる可能性があるので、
親が左を向いて寝かせたり、右を向いて寝かせたりするようにしましょう。

 

しかし、横を向いて寝かせたつもりなのに、
いつの間にかころりと元に戻ってしまう赤ちゃんもいます。

その場合は、背中に丸めたバスタオルを挟むなどして
戻ってしまうのを防ぎましょう。

また、向かせる向きは左右交互にしてください。

どちらか一方に偏ると、そちらを向きやすいと感じ、
自分で首を動かせるようになった時に向き癖がつきます。

すると絶壁にはならなくとも、片側の頭がつぶれたようないびつな
形になってしまうので注意してください。

 

少し大きくなった赤ちゃんの場合も
どちらか一方ばかり向かないように注意が必要です。

例えば赤ちゃんと一緒に寝る時、お母さんが赤ちゃんの右側にばかりいると
自然と赤ちゃんはそちらばかり向くようになるので、
決まった方ばかりにお母さんがいないようにしてあげて下さい。

また、メリーゴーランド等赤ちゃんが目で追うようなおもちゃ等も
定期的に位置をずらしてあげるようにしましょう。

 

うつ伏せにするのが頭の形をきれいにするのに一番良いとも言われます。
たまにうつ伏せで遊ばせてあげましょう。

但し、うつ伏せのまま寝かせてしまうと、
乳幼児突然死症候群のリスクが上がることがわかっているので、
長時間うつ伏せの状態で放置することはしないでください。

【参考】子供がうつ伏せで寝たがる 注意するべきこととは?

 

いびつになってしまった頭の形は治せる?

お母さんが頑張って同じ方向を向かせないように努力したり、
ドーナツ枕を使ったりしても、頭の形がいびつになってしまう赤ちゃんはいます。

しかし、治すことも出来ますので、
慌てる必要はありません。

私の娘はドーナツ枕を自分で頭からはずし、
顔の上に乗せて寝てしまう癖があり、
万一窒息でもしたら危険という事で、ドーナツ枕は一旦諦め、
かなりの絶壁になりました。

今は真ん丸とは言いませんが、
割ときれいな頭の形になっています。

 

私が娘の頭の形を治した方法は、
手作りドーナツ枕でした。

手作りと言っても、バスタオルをクルクル丸めて長い1本の棒状にし、
それを子供の頭のサイズに合わせて丸めてヘアゴムなどで留める
というかなり簡易な物です。

それを首がしっかりと座った生後4ヶ月半頃から使い始めました。

市販のドーナツ枕よりも厚みがあり、
穴の大きさを自分で調節できるので、子供の成長に合わせて調整し、
後頭部が床につかないように寝かせていました。

数か月それを続けていると自然と頭の形が丸くなっていきました。

この手作りドーナツ枕をしていると横を向くことが難しいので、
右や左どちらか一方の横向きの向き癖があるお子さんにも
使えるのではないかと思います。

家にある物だけですぐできますので、
良かったら試してみてください。

 

他にも、頭の形を治すためのヘルメットなどもあります。

主に海外で使われていた物ですが、最近では日本でも
治療に取り入れている病院が増えてきているようですね。

少し費用がかかってしまいますが、
かなりきれいな形に矯正できるようですので、
気になる方は小児科で相談してみると良いでしょう。

 

まとめ

赤ちゃんは自分で頭の形を整えることはできません。

ですからしっかり親御さんが気遣ってあげる必要があるのです。

なるべく赤ちゃんが同じ姿勢で寝る事の無いように
工夫してあげましょう。

万一頭の形が悪くなってしまっても、
自然に治る事もありますし、治してあげることも出来ます。

治してあげたいのであれば、なるべく早いうちに矯正し始めた方が
効果は期待できるようなので、出来るだけ早く治してあげましょう。

Sponsored by Google

コメントを残す