子供のチック症状とは?治し方は?

Sponsored by Google

3-4歳のお子さんから発症することが多くなる
「チック症」をご存知でしょうか?

子供

チックには色々なケースがあります。

一見ただの癖に見えるようなものもあるため、
親も気づかずに生活している場合もあります。

親がチックだという事に気づかないと、
「やめなさい!」
「静かにしなさい!」
などと叱ってしまい、余計チックの症状を
悪化させてしまう事もあるので注意が必要です。

以前はストレスや緊張により起こると言われていたため、
自分の子供がチックになってしまった場合、
「自分のせいでは…?」と悩む親御さんが多いと言います。

しかし、殆どのチックは一過性のもので、
周囲の協力があれば自然と改善することが多いのだそうです。

心と深く関係する症状ですから、
対処にも気を使いますよね。

もしお子さんにチックの症状が出た場合
どうしたら良いのか考えてみましょう。

 

チックとは?

チックとは、簡単に言ってしまうと「癖」のようなものです。

但し、本人の意思でやっているのではなく、
勝手に出てしまうので、単なる癖のように
「やめなさい」と言ってもやめられるものではありません。

緊張やストレスなどで現れてしまう事が多いと言われていましたが、
実は神経が未発達である事や遺伝などが原因ではないか
最近は言われています。

 

その現れ方や程度は人によりかなり差があり、
一見チックとは思えないような症状もあります。

どんな症状が出るのかというと、
まばたきや顔をしかめる(ひきつったように頬の筋肉が上がったりする状態)
首を振る、地面を踏み鳴らす、飛び跳ねる、鼻を鳴らす、咳払いする

といったものがあります。

厄介な症状に、暴言を吐くというものもあり、
その場合は親も周囲もチックとはなかなか気づけず
叱ってしまいがちです。

チックは本人が止めようなどと意識することで
余計に悪化することもあるそうなので、
叱ってしまうと逆効果になる可能性があります。

何の脈略もなく、突然暴言を吐くことが度々あるという場合、
本人が乱暴な性格なわけではなく、
チックである可能性も否定できないので、
一度専門医などに相談してみるのも良いかもしれませんね。

チックは殆どの場合、一過性のもので成長とともに消えていきます。
但し、程度が重症だったり長く続く場合は「チック症」または
「トゥレット症候群」として専門的な治療が必要になるケースもあります。

 

チックを治す方法

ではお子さんにチックの症状が出てしまった場合、
治すにはどうしたら良いのでしょうか?

チック

一過性の物か否かは、症状が出たその時にわかる事ではないので
親としては心配ですよね。

チックの症状が出てしまった場合、一過性であると仮定して対応していき、
改善が見られない場合は本格的に治療をしてもらう
という
流れになると思います。

 

まず、ご家族等周りの人は本人のチックを
気にしないようにすることが大事です。

「何しているの?」
「どうしたの?」
などとチックにより起こっている動作などを指摘せず、
何もないように振る舞うのが大切です。

ですから、お子さんのチック症状に気づいた場合、
幼稚園や保育園の先生にも相談して、
園の方でも気を付けて見守ってもらうように
お願いした方が良いと思います。

 

チックは実はストレス等が発症の原因ではないと最近では言われていますが、
ストレスや過度の緊張がチックを悪化させることは事実です。

ですから、お子さんがあまりストレスをためないように注意してあげたり、
緊張をほぐす方法を学ぶなどの工夫は必要です。

何か熱中して出来ることを見つけてあげることで
良くなるという話も聞きます。

これらの努力でもチックが治らず、1年以上続いてしまったり、
生活に支障が出るような症状が出るケース(大声を出してしまう等)の場合は
薬による治療も行う事が出来ますので、専門医に相談しましょう。

 

まとめ

お子さんにチックの症状が出ると、
「精神を病んでいるのではないか」
「自分がストレスを与えてしまっているのではないか」

と親御さんは大変心配になると思います。

しかし、気づかれていないケースも含めると、
実は多くのお子さんが一過性のチックを経験するようです。

チックの症状が出てしまった時は、
慌てず、叱らず、何も無いように振る舞ってあげてください。

しばらくしても収まらなかったり、
症状が悪化していくようならば医師に相談しましょう。

Sponsored by Google

コメントを残す