ママ友間のトラブルにまきこまれないための予防策は?

Sponsored by Google

昨日までは普通に接してくれていたのに、急に無視されたり、
他のママ友たちもなんだかそっけない…

子供

もしかして何かしちゃった!?
ママ友トラブルやいじめは急に忍び寄って来るもの。

ママ友間のトラブルに巻き込まれないようにするための予防策
あるのでしょうか?

 

ママ友トラブルの原因とは?

今や5人に1人のママがママ友間のトラブルに悩んでいる、
悩んでいたことがあると言うほどで、
社会的にも問題視されているママ友間のいじめやトラブル

最近ではママ友トラブルや、ママ友格差、
ママ友いじめなどを題材にしたドラマなども
よく放送されていますよね。

テレビ

こんなのテレビの世界だけ、作り話!ありえない!そう思っていたけれど、
実際娘が幼稚園に通うようになって、いつ自分の身に降りかかっても
おかしくはないことなのだと感じました。

子供が幼稚園などに通い始めると、保護者同士の交流も増えてきます。
そして、実際話をしてみると教育方針や生活水準や価値観の違いなど、
色んなママがいるのだということに気づきました。

 

ママ友間でトラブルが起こる原因として多いのが、
教育方針の違いや価値観の違いなのだとか。

やっぱり、自分のとは価値観が違うな、
こんな教育はしたくないな~と感じたときには、
その人との付き合いも考えてしまいますよね。

たくさんのタイプのママがいる中で、
すべてのママとまんべんなくうまく付き合っていくのはとても難しいことです。
やっぱり、この人苦手だな~という人も一人二人は出てくるものですよね。

苦手だなと感じる人には、挨拶だけは忘れず、
なるべく近づかないようにすれば良いと思います。

 

ママ友トラブルに巻き込まれないための予防策は?

 自慢しない

ここに旅行に行ったとか、ブランドのバッグを買ったとか、
そんな自慢話相手にとっては面白いものではありませんよね。

特に相手にそれだけの経済力がなければなおさらです。
むしろ、不快感を与えてしまうことは間違いありません。

うれしくて人に話したくなってしまう気持ちはわかります。
でも、そういう話は家族の中だけにしておいた方が良いかもしれませんね(*^^*)

また、旦那さんの職業や収入など、夫の話もしない方が良いです。
女性は本能的に自分の夫と比べてしまうことが多いようです。

 

 目立たない

服装やお化粧など、外見だけにかかわらず、
目立つような言動や行動を慎むのが無難。

いい意味でも悪い意味でも目立ってしまうと後々面倒なことになることも。
私の娘のクラスにもムードメーカー的存在のママがいて、
毎回乾杯の音頭を取らされたり、何か話し合いや決め事の際にも
自動的に仕切り役になってしまっています。

好きな人は良いのかもしれませんが、人の前に出るのは苦手という場合は
目立たないのが一番。
目立たなければ話題にされることもありません。

 

 悪口を言わない

悪口、陰口、噂話、これは絶対にしてはいけないこと。

噂話や陰口が好きな人ってたまにいますよね。
例え悪口のターゲットになっている人が自分の苦手な人であっても、
その話に乗ってしまうのも避けるべき。

ヘタすると自分が発信源のような状態になってしまうことだってあるんです。
人の悪口を言う人を良く思う人はいませんよね。
それに必ず自分の身に帰ってきます。

もし、やだな~と思うようなことがあっても、
どんなに親しい関係であっても話すのはやめた方が良いかもしれませんね。

 

この3つを守ってママ友と付き合うようにしていれば、
ママ友間でトラブルになることはほぼないと言ってもよいと思います。

【参考】幼稚園のママ友間のつき合いに疲れたと感じたときの対処法は?

 

まとめ

自分自身トラブルにならないよう気をつけていても、
他のママ友間で起きたいざこざに巻き込まれてしまうことも。

グループには属せず、ママ一人一人と個人的な付き合いをすることで、
このようないざこざに巻き込まれることも避けられるのではないでしょうか?

Sponsored by Google

コメントを残す