子供が頭を強打した時、病院に行くべきか否かの判断基準とは?

Sponsored by Google

小さな子供はとても転んだり、家具にぶつけたりで
よく怪我をします。

けが

多少の事であれば
「いつもの事」と親も様子を見ることが多いと思います。

ただ、頭を強打してしまったという場合
様子見では怖いという親御さん多いのではないでしょうか?

見た目には異常が無いように見えても
打った場所が頭だと、後々何か障害が出るのではないかなど
心配になりますよね。

しかし、血が出ているわけでもなく、
見た目も元気なのに病院に行っても良いものかどうか
迷われる方も多いと思います。

実際、対処が遅れると命に関わる場合もありますので
注意が必要なのです。

では、子供が頭を強打してしまった時、
すぐに病院に行くべきか、様子を見ても良いのか
どこで判断したら良いのでしょうか?

万一の時のために、しっかり押さえておきましょう。

 

病院へ行くべきか否か?子供が頭を強打した時に確認すべき点

もし、お子さんが強く頭を打ってしまった時、
重症か否か、病院に行くべきか否かの判断基準にもなりますので、
以下のような点をよく確認してあげてください。

 

 意識がはっきりしているか

受け答えはできてもウトウトと眠りがちになってしまう等
の場合も注意が必要です。

 

 顔色やおう吐

顔面蒼白になったり、おう吐する場合は注意が必要です。

お子さんによっては脳などに異常が無くとも、激しく転んだことに驚いて
顔色が悪くなったり、吐いてしまう事があります。

そのため、結果何ともない場合もありますが、
おう吐する場合は念のため、病院で診てもらったほうが安心でしょう。

 

 出血の有無

出血やたんこぶがあれば脳に異常はないという
言い伝えのようなものがありますが、そうとは限りません。

出血している場合はそこから細菌感染を起こす可能性もありますので、
病院で適切に処置してもらった方が安心です。

 

 頭痛の有無

単に頭を打った事による痛みであれば数分で収まってくるでしょうが、
そうでない場合は脳神経外科を受診してください。

 

 手足のしびれの有無

手足などにしびれがある場合は即病院です。
救急車を呼んですぐに病院に行きましょう。

 

これら以外にも、いつも一緒にいるお母さんが、
「ちょっと様子がおかしい…」
と感じたら病院に行った方が良いと思います。

見た目には特に異常が無いように見えても、
強打しているわけですから、
頭がい骨を骨折している可能性等も否定できないからです。

特に重症と思える症状が出ていなかったとしても、
ぶつけた程度やお子さんの様子を見て、
心配であれば、救急でなくとも、診療時間内に
病院に行くのは構わないと思います。

 

子供が頭を強打した時の対処法

お子さんが頭を強打してしまった時には、
上記のような事に注意をしますが、
その後どう対処してあげたら良いでしょうか?

号泣

小さなたんこぶなどが出来ている程度で重症でないようであれば
冷やす程度で大丈夫だと思います。

たんこぶは早めに冷やしてあげることで
大きくなりにくいという話もありますよね。

 

それからしばらくは激しい運動はさせないようにしてください。

寝かせる必要はありませんが、あまり激しく動き回らず
おとなしく遊ばせるようにしてあげましょう。

 

それから一番大切なのは、
数日は子供の様子を注視しておくことです。

先に挙げた、病院へ行くべきか否かを判断するための確認すべき点は、
頭を打った直後に現れるとは限りません。

場合によっては2-3日後に症状が現れる事もあるのです。

ですから、その日元気だったからと言って安心せず、
数日はしっかりと様子を見て、上記のような症状が現れた時には
すぐに病院へ連れていく準備をしておきましょう。

 

まとめ

子供は注意力も散漫ですから
あちこちにぶつかったり転んだりします。

小さなお子さんは特に、頭が重いですから、
転びやすく、転んだ時にも頭を打ちやすいですよね。

頭を強打した場合、打った位置や強さによっては
すぐに対処しなければ命に関わる事もあります。

お子さんの様子に注意して、危険なサインがあれば
すぐに病院に連れて行ってあげてください。

Sponsored by Google

コメントを残す