子供の風邪予防 室内の湿度を保つ方法とは?

Sponsored by Google

子供はまだ抵抗力が弱いため、
風邪をひきやすいものですよね。

風邪

我が家の娘も、特に幼稚園に通い始めた頃などは、
しょっちゅう風邪をひいており、
最初の3ヶ月は半分幼稚園に行けたかな…?
というくらい、よく風邪でお休みしていました。

子供の場合、ただ風邪をひくだけでなく、
長引いたり、重症化することもあるので注意が必要ですね。

出来るだけ風邪を予防するには
手洗いうがいがまず重要になってきます。

しかし、小さなお子さんの場合、
まだ上手にうがいが出来ない事もあるでしょう。

ですから、手洗いうがいの他にも、
風邪を予防する対策が必要になってきます。

そこでよく言われるのが
「家の中の湿度を保ち、室内を乾燥させない」という事です。

とは言っても季節によっては加湿器を稼働していても
乾燥しがちになってしまう地域もあると思いますし、
最近の住宅は暖房がパネルヒーター等、
乾燥しやすくなっているので、なかなか湿度が保てないというお家も
多いと思います。

そんな状況で、どうしたら湿度を保ち、風邪を予防できるのでしょうか?
私が成功した方法も含めていくつかご紹介したいと思います。

 

湿度を保つことが風邪予防に効果的なワケ

有効な加湿方法をご紹介する前に、
まず、どうして湿度を保つと風邪を予防できるのか
簡単にお話したいと思います。

一番風邪などが流行る冬の季節は、
非常に空気が乾燥します。

風邪のウイルス(インフルエンザもそうです)は乾燥を好み、
高温多湿の場所では繁殖することができないのだそうです。

実際の実験で、湿度が高い場所ほど、インフルエンザウイルスが
不活化するのが早いというデータがあります。

 

そのため、湿度を保つよう言われているわけですが、
ここで一つ注意が必要なのは、湿度を保つだけではダメという事です。

「高温多湿」が苦手なのですから、多湿だけではなく、
高温にすることも必要になってきます。

ですから、湿度を保つと同時に部屋を暖かく保つ事も
忘れないようにしてください。

 

室内の湿度を保つアイデア

室内の湿度を保つのに一番手っ取り早く効率的なのは
やはり加湿器だと思います。

但し、お子さんがいらっしゃるお家であれば、
たいていいくつかお部屋がありますよね。

居間、寝室、子供部屋…
そのすべてに加湿器を置ければ良いですが、
お金もかかりますし、乾燥のひどい家ですと、
しょっちゅう加湿器に水を足さなくてはいけないですから、
いくつも加湿器があると非常に面倒だったりもします。

ですから今回は加湿器以外で湿度を保つ方法を
いくつかご紹介したいと思います。

 

 洗濯物を室内に干す

これはやられている方も多いのではないでしょうか?
うちもやっていますが一つ難点なのは、洗濯物を干すと
若干部屋が寒く感じられてしまう事です。

風邪を予防するには湿度だけではなく、温度も必要ですので、
洗濯物を干す部屋は少し暖房を高めに設定する必要があるかもしれません。

 

 水の入ったコップなどを置いておく

 観葉植物を育てる

一点、お手入れの仕方や育て方によってはカビが生えやすいので
注意してください。

 

 床の水拭き

これは効果ありますが一時的なので、
常に湿度を保つのは難しいと思います。

特に乾燥の気になる日の朝に行うと良いかもしれません。

 

筆者おススメの加湿グッズ

私の家も、引っ越してから非常に乾燥がひどく、
引っ越した当初は家族全員かわるがわる風邪をひいていました。

家族皆が過ごす居間にはプラズマクラスターを設置したのですが、
常に加湿はフル回転で、すぐに加湿用の水が無くなるような状態だったのです。

 

加湿器をもう数台買おうかとも思いましたが、
安かったので試しに「エコ加湿器」という物を購入してみました。
これが非常に良かったです。

居間はプラズマクラスター+エコ加湿器で湿度50%台をキープできるようになり、
各寝室にはベッドの枕元にエコ加湿器を置きました。

エコ加湿器にも色々な商品があるのですが、私が使っているのは
「ミスティガーデン2nd」という商品です。

先に紹介した加湿方法に、
「水の入ったコップなどを置いておく」
という物がありましたよね。

要はそれと同じような方法なのですが、
水の入った容器にフィルターを立てる事により、
ただコップ等に水を入れておくより気化する率が高くなるようです。

実際、乾燥している日であれば
容器の水は瞬く間に気化していきます。

電気代もかかりませんし、お手軽ですので、とてもおススメです。

 

まとめ

子供にとっては、風邪は結構辛いものです。

大人はすぐに治っても、同じ風邪でも子供は長引いたり
より症状が重くなったりしてしまいます。

出来るだけお子さんを風邪から守ってあげるために
室内の湿度を保つ工夫をしてみてあげてください。

湿度だけで本当に風邪が防げるのかと疑問に思う方も
いらっしゃる方もいるでしょうが、実際我が家は
湿度を保てるようになってからは
家族全員風邪をひきにくくなりました。

ちょっとした生活の中にも工夫できる点はありますので
ぜひ試してみてください。

Sponsored by Google

コメントを残す