幼児の手足口病感染 予防法とは?

Sponsored by Google

小さな子供特有の病気の一つである
「手足口病」をご存知でしょうか?

幼稚園

最近は度々流行するため、
小さなお子さんがいらっしゃる親御さんであれば
殆どの方が聞いたことはあると思います。

私が住んでいる地域でも、
昨年この手足口病がとても流行りました。

幸いにして我が家の子供はかかりませんでしたが、
幼稚園のお友達や知人の子供たちは何人も感染していました。

病名を聞いただけではどんな病気なのか
詳しくは分からず、ただなんとなく恐い感じのする手足口病…
一体どんな病気なのでしょうか?

主に夏に流行するこの病気、本格的な流行が始まる前に、
予防法もしっかりチェックしておきたいですね。

 

手足口病とは

手足口病は夏に流行するウイルス性の感染症で、
殆どの患者さんが5歳以下だそうです。

保育園

ウイルス感染で5歳以下がかかりやすいという事もあり、
幼稚園や保育園などで感染者が出ると、
一気に広がりやすいのも特徴の一つ
と言えるでしょう。

 

手足口病に感染した場合の特徴的な症状は
手や足や口に水泡を伴う発疹です。

大きさは2-3mm程度です。
発疹が現れる箇所から「手足口病」というわけですね。

発疹の他には熱が出る事もありますが、
全く熱が出ず、発疹だけで終わる事も多い病気です。

重症化することは稀であると言われていますので、
それほど心配する必要はありませんが、
感染したウイルスの型によっては稀に
髄膜炎や脳炎などを合併してしまう事もあるようなので
注意が必要です。

 

次に、手足口病の治療法ですが、
この病気を根本的に治療する薬は残念ながら今の所ありません。

そのため、病院に連れて行っても
何のお薬も処方されずに終わる事が度々です。

但し、症状を軽減するためのお薬を処方してもらう事はできますので、
辛そうな症状があれば医師に伝えましょう。

例えば口内の発疹が痛み食べ物も食べられないだとか、
高熱が出ているので坐薬を出してほしいという事は
相談すれば応じてくれるはずです。

薬も出されず、家でどうやって看護すれば良いのか
不安になる親御さんも多いでしょう。

基本的には風邪などと同様、ゆっくり安静に過ごし、
家族への感染を防ぐように衛生面での注意を怠らないようにしましょう。

薬はありませんが、安静にしていれば
たいてい数日で症状は治まります。

 

但し1点、注意が必要なのは、この病気は症状が治まった後も、
しばらくの間、ウイルスは便から排出され続けます。

ですから、感染したお子さんがまだオムツをしている場合は
特に治った後もオムツ替えをする方は手洗いなどを徹底し続けないと
家族に感染してしまう危険性があるので忘れないでください。

 

手足口病を予防するには?

手足口病は風邪などと同じように
接触や飛沫により感染していきます。

残念ながらワクチンはありませんから、
接触や飛沫による感染を自ら防ぐしか方法はありません。

まず第一に手洗いが重要です。

手洗い

先にも述べましたが、この病気のウイルスは感染者が治った後も
便からは排出され続けます。

感染者本人はトイレの後は
特に手洗いを念入りにする事を忘れてはいけません。

感染者のお世話をしている人や周囲の人も
手洗いは念入りにしましょう。

幼稚園や保育園に通っている園児のいるお宅では、
いつ子供が感染して帰ってくるかわかりませんので、
普段風邪を予防するためにしているのと同じように
毎日手洗いうがいを徹底させましょう。

 

【外から帰ったらすぐにしっかりと手洗い】

あまりにも簡単に思えますが、
これが今の所、手足口病を予防するのに一番の方法です。

 

まとめ

飛沫や接触でとても簡単に感染が広がってしまう手足口病、
重症化する可能性は低いとはいえ、注意が必要な物です。

特に幼稚園や保育園に通っているお子さんがいる家庭では
園からウイルスを持ち帰る可能性が高くなりますので、
しっかり手洗いうがいをさせ予防してあげてください。

Sponsored by Google

コメントを残す