子供の抱っこで腰痛がひどい…対策は?

Sponsored by Google

妊娠中、大きくて重たいお腹で
腰痛に悩まされたお母さん沢山いますよね。

腰痛

赤ちゃんを産んで、
「これで腰痛から解放される~」
と思いきや、赤ちゃんのお世話で腰痛を悪化させてしまうお母さんが
非常に多いと思います。

私もそうでした。
特に抱っこは腰にかなりきます。

妊娠中は特に腰痛に悩まされなかったけれど、
産後、抱っこによって腰痛になってしまったというお母さんも多いですよね。

とはいえ、腰が痛いから抱っこしないというわけにもいきません。

育児中はどんなに腰が痛くとも抱っこは欠かせませんから、
どう腰痛と付き合うか、どう腰痛を軽くするかを考える必要があります。

今回は、育児中の腰痛対策や腰痛を悪化させないように抱っこする方法などについて
考えてみましょう。

 

抱っこによる腰痛を解消するのに役立つグッズ

子供を抱っこすると、腰に来ますよね。

でも子供は抱っこが大好き、特に抱っこ好きなお子さんのお母さんは
本当に長い時間抱っこしている事と思います。

そして腰を痛めてしまった…
よく聞く話です。

しかし、明日も腰痛を抱えながらも抱っこしなくてはいけません。

 

そんな状況を少しでも楽にしてくれる商品があります。
私の一番のおススメは「トコちゃんベルト」です。

トコベルなんて言う方もいますよね、
かなり有名な商品です。
妊娠中も腰痛に悩まされていた方ならご存知の方も多いと思います。

このトコちゃんベルトは主に妊娠中の腰痛防止や腰痛軽減に
役立つ事で有名な物です。

「え??もう産後なんですけど…」
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
産後に使ったって良いんです!

特に抱っこによる腰痛には
効果覿面だというお母さん沢山いらっしゃいます。

妊娠中も使っていた方なら新たに買う必要もありませんし、
一番良いと思います。

 

それから、最近主流の前抱っこタイプの抱っこ紐は
肩の負担は軽減できるものの、腰が痛くなるという話もよく聞きます。
(逆に腰の負担も軽くなったという方も居ますが)

その場合は昔のお母さんがしていたようなタイプのおんぶ紐を使うと
腰痛が楽になる事もあるようです。

もし抱っこ紐が合わないのではと感じたら、
別のタイプの抱っこ紐やおんぶ紐を使ってみる事もおススメです。

【参考】子供の抱っこで腰痛に!育児中の腰痛改善法は?

 

腰が痛くなりにくい抱き方

腰が痛い人もそうでない人も、
小さな子供がいれば必ず毎日抱っこします。

ですからなるべく腰に負担がかからない形で
抱っこするように心がけましょう。

注意を怠ると、今はまだ腰痛が無くても、お子さんが大きくなり
体重が増加してくるにつれ、腰痛が出てきてしまう事も考えられます。

ですから今腰痛が気になっていない方も、毎日の抱っこする際には
以下のような点に注意するようにしましょう。

 

 一度かがんでから抱き上げる

お母さんが立ったままの状態から子供を抱き上げようとすると
非常に腰に負担がかかります。

一度しゃがみ、子供と同じような高さまで身を下げた状態から
抱き上げるようにしましょう。

 

 縦抱きの時の姿勢に気を付ける

縦抱きをすると、どうしてもお子さんの体がお母さんの体の
左右どちらかにある形になりますよね。
そこでバランスを取るために腰を使う姿勢になりがちです。

これを繰り返していると、当然腰に負担がかかりますし
体も歪み、さらに腰痛の原因になります。

縦抱きでじっと立っていると腰で支えようとする姿勢になりがちですので、
長時間縦抱きでいるのは避けるようにした方が無難です。

 

 なるべく抱っこ紐やおんぶ紐を使う

これは②の延長になります。
縦抱きではどうしてもお母さんの左右どちらかに負担がかかり
歪みの原因になるため、抱っこ紐やおんぶ紐で歪みを防ぎましょう。

まとめ

子供を抱っこ出来るのは小さいうちだけです。
沢山お子さんを抱っこしてあげて、沢山愛情を伝えたいですよね。
そのためにも、しっかりと腰痛対策をすることが大切です。

腰痛を我慢してしまっているお母さんも多いと思いますが、
やがて限界が来て、立てないほどになってしまったら
抱っこが出来なくなってしまいます。
子育て中のお母さんにそれは致命的ですよね。

普段から腰に負担のかからない抱き方を心掛け
しっかりと腰痛対策しましょう。

Sponsored by Google

コメントを残す