子供が滲出性中耳炎にならないようにするには?【痛くないから親が気づきにくい?】

Sponsored by Google

中耳炎は子供がなりやすい病気の一つです。

耳鼻科

また、中耳炎は一度なると繰り返す子供が多く、
本当に大変です。

私も幼稚園頃から小学校中学年になるくらいまで、
毎年2-3回中耳炎になっていました。

すっかり耳鼻科にも慣れ、
一人で耳鼻科に通えるようになっていたほどです。

そして私の長女もすぐに中耳炎になる子で、
年に何度も耳鼻科に通っています。

親子で中耳炎になりやすい体質なわけですが、
私と娘とでは同じ中耳炎でも全く違います。

私の場合は「急性中耳炎」で発熱し、
非常に痛みを伴うタイプの中耳炎。

なったらすぐに耳鼻科に行かなくては
普通に生活できない状況です。
中耳炎というと、このタイプを皆さん想像すると思います。

しかし、私の娘の場合、「滲出性中耳炎」と言って
それだけでは特に熱も出ず、痛がりもしないタイプの中耳炎です。

痛がらないので、親も全く気付かずに
過ごしているケースが多いそうです。

実際、私の娘も鼻かぜで小児科を受診していたものの
なかなか治らなかったため、耳鼻科を受診し、
初めて滲出性中耳炎と診断されました。

それまでは鼻だと思っていたので、
まさか耳にも問題があるとは思っていませんでした。

そして私はこの時初めて
「滲出性中耳炎」というものがある事を知りました。

その症状が気づきにくいものの為、
気づかれず見過ごされがちな滲出性中耳炎。
一体どのようなものなのでしょうか?

また、滲出性中耳炎にならないようにするには
どうしたら良いのでしょうか?

私の経験を交えてお話したいと思います。

 

滲出性中耳炎とは

滲出性中耳炎というのは、簡単に言うと
耳の奥に水が溜まってしまっている状態を言います。

風邪などをひき、鼻の奥や喉に炎症が起こると
その炎症が耳の方に広がり、その炎症部位から出た液体が
溜まってしまうという現象だそうです。

通常、溜まった水は耳管から鼻の方へ抜けていき
次第に無くなります。
ですから、殆どの場合、お薬を飲むだけで収まります。

耳の水を抜くだけではなく、
元の原因になっている風邪や副鼻腔炎も治さないと意味がありませんから、
風邪薬や抗生物質など元の病気を治す薬を主に処方されることになると思います。

 

お薬を飲み続けてもなかなか改善しないという場合は、
チューブを入れられる事があります。

これは鼓膜を小さく切開し、そこに小さな管を入れておくことで
滲出液を排出する方法です。

鼓膜に管を入れておくと言われると恐ろしいですが、
殆どのケースでは薬で治ります。

実際私の娘はしょっちゅう滲出性中耳炎になっていますが、
一度も管を入れられた事はありません。

 

痛くないから気づきにくい滲出性中耳炎のサイン

熱も出ず、痛みも伴わない事が多い滲出性中耳炎…
親はどうしたら早く気づいてあげられるでしょうか?

まず、滲出性中耳炎になった場合、
耳の奥に水が溜まっているわけですから、
聞こえが悪くなります。

「呼んでも反応が鈍い、なぜかいつもより大きな声で話す」
と言った様子が見られ、風邪などの症状があるようでしたら
注意が必要です。

大声

それから、赤ちゃんの場合、
耳の違和感を気にしてよく耳を触る事があるようです。

赤ちゃんが耳を頻繁に掻いたり、
叩いたりするようなしぐさが見られる時も
耳鼻科を受診して確認してもらったほうが良いかもしれません。

 

滲出性中耳炎 予防法

痛くもなく、熱も出ないし、そのうち治るのなら
別に気づかなくても問題ないのではないか?
と思う方もいるかもしれませんが、滲出性中耳炎は放置すると、
将来手術が必要になる場合もあるので注意が必要です。

では、出来るだけ滲出性中耳炎にならないようにするには
どうしたら良いでしょうか?

 

滲出性中耳炎になる一番の原因とされているのは風邪です。

風邪

事実、私の娘も風邪をひくと(特に鼻水を伴う)
毎回滲出性中耳炎になります。

ですから、滲出性中耳炎を防ぐのに一番良いのは
風邪を予防することだと思います。

手洗いうがいをする事、
部屋の湿度を保つことなどで風邪を予防しましょう。

 

それからアレルギー性鼻炎のお子さんも
滲出性中耳炎になりやすいそうです。

いつもの鼻水と放置せずに、鼻水が収まらないようなら
なるべく早く耳鼻科を受診し、
同時に滲出性中耳炎になっていないかも
チェックしてもらうのが良いでしょう。

【参考】子供の鼻水が治らない場合に考えられることとは?

 

また、これに関しては「関係ある」という医師と
「関係ない」という医師がいるので
はっきりとは言えませんが、寝ながら母乳を与える
「添い乳」
をすると滲出性中耳炎になりやすくなるという話もあります。

気になる方は添い乳は避け、面倒でもお母さんは
一度起き上がって授乳するようにした方が良いかもしれませんね。

 

まとめ

滲出性中耳炎は繰り返しなりやすく、
放置するともっと重大な耳の病気になってしまう事があります。

それでいて目立った症状が殆ど無いため、
親はなかなか気づきにくいという厄介な物です。

お子さんが風邪をひき、耳の様子がおかしいようであれば
小児科よりも耳鼻科を受診した方が良いと思います。

風邪でなくても、長引く鼻水は
滲出性中耳炎を起こしている可能性がありますので
早めに耳鼻科を受診するようにしましょう。

Sponsored by Google

コメントを残す