赤ちゃんのファーストシューズの選び方【いつから?おすすめは?】

Sponsored by Google

つい先日生まれたと思ったら
首が座り、寝返りを打ち、ハイハイをして、もう立てるように…
赤ちゃんの成長は本当にあっという間ですよね。

赤ちゃん

赤ちゃんがつかまり立ち出来るようになったら、
もういつ歩き始めるかは時間の問題です。

赤ちゃんはどんどん自分の足で色々な所に歩いていき、
色々な物を見つけてもっともっと成長していきます。

公園等にお散歩に行くにも、
ベビーカーではなく、歩いていくことになりますから、
いよいよ靴が必要になってきますね。

赤ちゃんにとってとても大切な初めての靴。
ファーストシューズはいつ頃、どんな物を選んだら良いのでしょうか?

私の子供のファーストシューズ選びの時のお話も交えてまとめてみましたので
参考にしてみてください。

 

赤ちゃんに靴を履かせるのはいつから?

赤ちゃんに靴を履かせる時期は
主に以下の2パターンに分かれます。
どちらが良いのかは親御さんが考えて決めて良いと思います。

 

 つかまり立ちを始めた頃

まだ歩くことはできないつかまり立ちの頃に、
靴に慣れさせるために室内履きを履かせます。

大体生後9-10ヶ月前後になるかと思います。

室内履きで慣らしておくことで、
いざ歩けるようになった時に靴を嫌がらず
お散歩などに連れ出しやすいと言います。

ただ、全ての子供が靴を嫌がるわけではありません。

実際私の子供は②のパターンで靴を履かせましたが
全く嫌がりませんでしたので、そういうお子さんの場合
室内履きは無駄に終わる可能性もありますね。

 

 歩き始めてから

我が家の子供は歩き始めてから
ファーストシューズを選びに行き、履かせました。

私の子供は靴を嫌がりませんでしたが、
嫌がるお子さんは慣れるまで
お散歩などになかなか行けなかったという話も聞きます。

また、公園まではベビーカーで行き、公園の芝生の上で
ファーストシューズを履かせて歩く練習をしたという友人もいました。

 

赤ちゃんのファーストシューズの選び方

自分の靴は履いて確かめる事が出来ますが、
赤ちゃんの靴はそうはいきません。
ですから選ぶのがとても難しいですよね。

よく親御さんがやってしまいがちなのが、
「子供の足はすぐに大きくなるから」
と少し大きめのサイズを選んでしまう事です。

これは歩き始めの赤ちゃんは
非常に転びやすくなりますので特にNGです。

サイズはつま先に5mmほど余裕がある程度の物を選ぶのが
一番良いと思います。

サイズを合わせる時はまずしっかりとかかとを合わせ、
その上でつま先にどれくらい余裕があるか確認してあげてください。

私はこのしっかりかかとを合わせる事を怠り、
ちょうど良いと思って買ったファーストシューズが実際はかなり大きく、
もう1足買いに行かなくてはならなくなってしまいました。

赤ちゃんの足はとても小さいので、
ほんの少しサイズが大きかっただけでもすぐに脱げてしまったりしますので
サイズ選びは一番慎重に行ってください。

 

また、重かったり固かったりするものも赤ちゃんは歩きにくいため、
歩く足に合わせてしなやかに曲がり、軽めの靴を選んであげましょう。

つま先部分が少し上がっているなど、
つまづきにくいデザインになっているのも良いと思います。

室内履きで練習していた赤ちゃんの場合、
靴が変わる事で嫌がる事もあります。

その場合、まずは室内履きで芝生の上などを歩かせてみて
歩くのに慣れてきたら新しい靴にしてあげるのも良いかもしれません。

 

おススメのファーストシューズ

口コミなどでよく聞くのはさすがの子供服メーカー、
ミキハウスのファーストシューズです。

赤ちゃんも歩きやすく、親御さんも履かせやすいのだそうです。

 

筆者が自分の子供に選んだのはミキハウスではなく、
アシックスのファーストシューズでした。

少しハイカットになっていて子供はとても歩きやすそうで
公園にお散歩に出かけるとどこまでも歩いていきました。

また、すぐに足が大きくなり、買い替えるため
何足も買うのはもったいと思ったので、
どんな服にも合いそうなデザインだったのも決め手でした。

アシックスには「スクスク」という
ベビーシューズのシリーズがありますので、
良かったら見てみてください。

 

まとめ

赤ちゃんが自分の足で外に歩き出すために必要なファーストシューズ。

どんどん外に出るのが楽しくなるように、
歩きやすくてぴったりの物を選んであげたいですね。

まだ歩き始めたばかりで裸足でも危なっかしい状態ですから、
より歩きやすいもの、転びにくいものを選ぶために、
特にサイズはぴったりの物を選ぶように気を付けてあげてください。

Sponsored by Google

コメントを残す