幼児の虫歯予防簡単にできる方法は?

Sponsored by Google

意外と知らない虫歯の原因。虫歯菌が感染すること。

虫歯

でも赤ちゃんのうちから気をつけてあげれば
虫歯になりにくい丈夫な歯にしてあげられるんです!

でもそのためには家族の協力も必要なんですよね。
どうしたら虫歯になりにくいのか?
虫歯になる原因などについてまとめてみました。

 

虫歯の原因

簡単に説明すると、空っぽのお部屋が100個あるとして、
そのお部屋に一個ずつ口の中の菌が入れるようになっています。

口の中には良い菌も悪い菌もいるわけですが、
生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいないそうです。

そして外から入ってきた虫歯菌がいくつの部屋に入ってしまうかで
虫歯になりやすいかどうかが決まってしまうんです。

虫歯菌の部屋が多ければ多いほど虫歯になりやすいわけです。
そして多くの虫歯菌はパパとママから感染するんです。

 

次にあげるのが虫歯菌に感染しやすくなる原因です。

 同じスプーンやお箸を共有している。
 キス。可愛すぎて(*´з`)ってしたくなっちゃいますよね。
 食べ物の噛み与え。私たちの両親世代では、食べ物を
  あらかじめ噛み砕いてから食べさせる、ということをしていたようです。
 ダラダラ食べ。一日中ダラダラと何かを食べている。

虫歯菌は食器の共有やスキンシップなどで感染しちゃうんです(>_<)

 

そしてもっとも感染しやすい時期が
1歳7か月~2歳7か月くらいまで。

どんなに気をつけていても、虫歯菌の感染を完全に防ぐことは難しいのですが、
感染を最小限に減らしてあげれば虫歯になりにくい体質になるんです。

しかもこの体質は一生変わらないのだそうです。
3歳ごろまでの生活で虫歯になりやすいかどうかが決まってしまうなんて、
責任重大。なんだか身構えてしまいますよね。

 

虫歯菌を感染させないためには

まずは家族の理解と協力が大事です。
じつはこのことで主人と義父が口論になったことがあります。

虫歯菌が感染してしまうこと、食器の共有をしないでほしいこと、
口と口のキスは3歳を過ぎてからにしてほしいと話すと、
義父は「虫歯がうつるわけがない」と…

一昔前まではそんな情報知らなかったし、無理もないのですが…
その後役所のパンフレットや育児書を見せると納得してくれましたが、
あの時は本当に大変でした。

 

簡単にできる虫歯予防

まず一番重要なのが、虫歯菌に感染しないことなのですが、
口の中に虫歯菌がいないなんて言うことはほぼありません。

そこで次に大切なのが、
虫歯になりにくい食生活を送ることです。

ダラダラと食べるのが一番よくありません。
一日に3回決まった時間に食事を摂ることと、おやつも1日に1~2回、
これもなるべく決まった時間にとるようにするのが大切なんです。

 

それから、3歳まではなるべく糖分を避けると、
虫歯になるリスクを下げることができます。

お菓子を全く食べないようにしてしまうと、
ママも子供もストレスになってしまうので、控えめにするくらいがいいと思います(*^^*)
甘いものを食べた後はお茶や水を飲むだけでも効果があります。

茶

そして、基本的な虫歯予防といえば歯磨きですよね。
フッ素配合の歯磨き粉を使えば、初期虫歯の進行も抑えられます。

特にジェルタイプのものは、歯に長くとどまってくれるので、
高い効果があるそうです。

でも子供って歯磨き嫌がる子多いですよね。。。
わたしは娘の歯が生え始める前からシリコン製の歯ブラシを使って
毎日1-2回ブラッシングするようにしていたのですが、
おかげでそこまで嫌がることはなかったです。

歯が生える前から、口に何かを入れられることに慣れさせておくと、
嫌がらずに歯磨きさせてくれますよ。

そして今は歯磨きをした後に食べれる、口内環境を整えてくれるタブレットもあるので
これをうまく使うと良いです。

フルーツ味や、ヨーグルト味など、ラムネのような感覚で食べられるので、
嫌がる子も少ないと思います。

わたしも「上手に歯磨きできたね」と、
御褒美にタブレットをあげるようにしています。

なので、うちの子は自分から「シュッシュしなきゃね」と言って、
歯磨きをしてくれます。

 

まとめ

3歳児検診で虫歯なしと診断されても、その数か月後に歯に穴があいている。
それくらい乳児期の虫歯は進行が速いそうです。

虫歯が神経まで進行すると、永久歯の生え変わりにも影響することもあるそうです。
少しでも感染を避け、虫歯のない生活を送らせてあげたいですよね。

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す