子供の乗り物酔いがひどい 原因は?効果的な予防法は?

家族で少し遠出をすると、必ずと言っていいほど子供の口から
「気分が悪い…」という言葉が出てきていました。

バス

せっかくのお出かけにもかかわらず、
乗り物酔いをしてしまった本人のテンションは下がりっぱなしです。

気の毒に思いながらも、どうして子供って
すぐに乗り物酔いするんだろうと内心不思議でもありました。

子供の乗り物酔いは、何より本人にとっても辛いものですし、
せっかくの楽しいお出かけも台無しになってしまいます。

なぜ子供は乗り物酔いがひどいのか、その原因や予防法について
知識を深めておくと、遠出の外出もきっと楽しくなるはずです。

 

「子供の乗り物酔いがひどい 原因は?効果的な予防法は?」の続きを読む…

子どものかわいた咳が続く場合の対処法は?

寒暖の差が激しい季節の変わり目は咳が出やすい季節です。

子供

この時期は熱が出たり、鼻水が出たりと次から次と色々な症状がでてきて
気が休まる時がない!というお父さん、お母さんも多いのではないでしょうか?

その中でも特に多いのが「咳がとまらなくて…」という症状です。
子どもが咳で苦しんでいると、親もとても辛いものです。

子供を病院に連れていくと
「お子さんの咳は”コンコン”と乾いた咳ですか?
それとも”ゴホン、ゴホン”といった湿った咳ですか?」

と医師からよく質問されます。

咳の特徴を適切に伝えることができれば、咳の原因を特定しやすくなり、
すばやく適切な対処ができますよね。
今回は特にかわいた咳が続く場合について考えていきたいと思います。

 

「子どものかわいた咳が続く場合の対処法は?」の続きを読む…

子供の糖尿病 初期症状とは?【セルフチェック法】

近年患者数がかなり増えたと言われている糖尿病、
大人の病気とばかり思っていましたが、
実は子供の糖尿病患者も増えていると言います。

おかし

5年前、私が上の子供を産んだ際、
市の保健師の方が育児の指導に来て下さった時にも
「子供の糖尿病、及び糖尿病予備群が非常に増えている」
という事で、赤ちゃんの時点から気を付け、
果汁などは飲ませないようにと指導され、驚いたのを覚えています。

糖尿病はそれ自体も恐ろしい病気ですし、
糖尿病と診断されたら、その後の食事の管理など
大変な部分が沢山ありますよね。

また重度になると様々な合併症を引き起こす可能性もあるので、
出来るだけ早期のうちに発見し、治療していきたいものです。

万一お子さんが糖尿病になってしまった時に
出来るだけ早く発見してあげるために初期症状等をまとめてみましたので
覚えておいてください。

 

「子供の糖尿病 初期症状とは?【セルフチェック法】」の続きを読む…

幼児の爪が剥がれる時の対処法とは?

子供はよく怪我をします。

傷

うちの子はよく転んで切り傷や擦り傷を作ってきます。
少々の傷でしたら、親もよくある事と考え
さっと消毒して絆創膏を貼ったり、そのまま様子を見たりします。

傷の状態を見て、特に慌てる事もなく
なんとなく処置できるものですよね。

しかし、時に厄介な怪我をして帰ってくることもあります。
その一つがこの爪剥がれです。

ともかく痛そうですし、どうしたら良いのか?
病院はどこに連れて行ったらいいのか?
歩けるのか?歩かせても良いのか?
対処に困る方が殆どではないでしょうか?

咄嗟の時に困らないように、
もし子供の爪が剥がれてしまったら、どのように対処すべきか?
お勉強しておきましょうね。

 

「幼児の爪が剥がれる時の対処法とは?」の続きを読む…

子供の体重減少 考えられる原因とは?

小さな子供は親が思っているよりも早いスピードで
慎重も体重もどんどん大きくなっていきます。

体重

大人とは違い、身長も体重も
値が減っていくという事は殆どありません。

ですから、自分の子供の体重が減ってしまったら
「何かの病気ではないか?」と心配になってしまうと思います。

1キロにも満たない減少であれば一時的なものや
計るタイミング等によるものが多く、気にする必要はありません。

しかし継続的に減少していったり、減少の幅が大きかったりすると
やはり原因を探る必要があると思います。

今回はそもそも食欲が無かったり、おう吐をしていたり、下痢をしているなど
体重減少の原因がある程度分かっているケースは除き、
しっかり食べていて他に大きな症状が見受けられない子供の体重が
減ってしまう場合にどのような原因が考えられるのか?

様子見で大丈夫なもの、すぐにでも病院で検査した方が
良いものに分けて見てみましょう。

 

「子供の体重減少 考えられる原因とは?」の続きを読む…

自家中毒って何?効果的な予防法は?

子供がかかりやすい病気の一つである「自家中毒症」
ご存知でしょうか?

子供

すぐに生命にかかわる事はありませんが、
風邪やインフルエンザ等とは違い、
その原因がストレスや環境の変化なども一つに挙げられているため、
親が未然に防ぐように予防策を取ってあげることが出来る病気の一つです。

もちろん、ストレスや環境の変化だけが原因ではないため、
それらを除去したとしても100%防いであげる事はできません。

しかし、親としては出来る事はしてあげたいでし、
少しでもリスクを少なくしてあげたいものですよね。

今回は自家中毒症とはどのような病気なのか、
自家中毒症にならないためにはどのような予防法があるのか

お話しますので覚えておいてください。

 

「自家中毒って何?効果的な予防法は?」の続きを読む…

子供の分離不安障害とは?その対策は?

子供がいずれ自立していくには、
お父さんやお母さんなどと離れて行動する必要があります。

子供

しかし小さな子供は、なかなかお母さんと
離れたがらないものですよね。

用事があって祖父母に子供を預ける時、
初めて幼稚園に通い始めた時など、
お母さんと離れる際泣き出してしまう…
これはよくある事で、当たり前の事です。

今までずっと一緒にいた人がそばにいないと
不安に決まっていますよね。

私の上の娘は、祖父母に預けても、幼稚園に通い始めた時も
殆ど泣かない子でした。

それが、下の子を妊娠した頃から、突然私と離れるのを嫌がるようになり、
幼稚園でも突然「お母さんに会いたい」と泣き出したりするようになったり、
また家で娘が遊びに夢中な間にお風呂掃除をしているだけで
私が見当たらないとパニックを起こし、激しく泣き叫ぶようになってしまいました。

赤ちゃん返りっていうやつなのかな…?
にしても、今まで娘を一人どこかに置き去りにしたりした事など
一度もなかったのに、なぜまるで置き去りにでもされたかのように
不安がり、パニックを起こすのか?

私があなたを一人放置すると思うの?
もしかして信頼されてない?

少し心配になりました。

そんな時、「分離不安障害」という
子供の心の病気がある事を知りました。

娘は下の子を妊娠中から下の子が生後4ヶ月になる頃までの約8ヶ月程、
分離不安障害が強く疑われる症状でしたが、
だんだんと自然に症状は治まっていきました。

しかし、放置するとこの分離不安障害は
不登校の原因にもなると言われています。

わが子が分離不安障害ではないかと思ったら、
どうしたら良いのか?
、しっかりお勉強しておきましょう。

 

「子供の分離不安障害とは?その対策は?」の続きを読む…

子供が夜驚症になってしまった時の対処法とは?

夜驚症というのは一種の睡眠障害です。

泣き

子供に多く見受けられ、
殆どの場合は自然に治ると言われています。

実は、私の上の娘が2歳の頃、一時期夜驚症になりました。

夜泣きは1歳になる前にしなくなっていたため、
突然夜中に泣き叫ぶ娘にかなり驚きました。

最初は
「また夜泣きするようになったのかしら…」
と思っていたのですが、どうも夜泣きとは様子が違うのです。

そこでインターネットを駆使し、
調べた結果「夜驚症」というものがある事を知ったのです。

子供が夜驚症になってしまうと、家族の睡眠も妨げられますし、
睡眠障害なわけですから、本人も質の良い睡眠が
出来ていないという事になります。

しかし、ただただ泣き叫ぶだけで
どうしたら良いのかも分かりません。
また、夜泣きと勘違いしてしまっている方も多いと思います。

もし、子供が夜驚症になってしまったら、
どのように対処すれば良いのでしょうか?

自宅でのケアで治る場合もあるという夜驚症、
上手な対処法を学んでおきましょう。

 

「子供が夜驚症になってしまった時の対処法とは?」の続きを読む…

子供のあせも 保湿ケアだけで治せるか?【非ステロイドで効果的な薬とは?】

暑い季節になると、小さなお子さんのいるお宅は殆どの方が
あせもにお悩みになるかと思います。

あせも

我が家も同様で、上の子は大したことはないのですが、
下の0歳児の赤ん坊が…

あせも自体はひどくなかったのですが、
寝ている間に掻いてしまうんですよね…
傷になってしまい、そこが何とも痛そうになってしまっています。

うちの下の子のように、ひっかいてしまい、傷がつくと
そこから細菌が入り込んだりしますから、
2次的被害が広がる可能性もあります。

たかがあせもと言ってもしっかり対策してあげなくてはいけません。
皆さんは、お子さんにあせもが出来てしまったら、
どのように対処してあげていますか?

効果が高いと言われるお薬は
ステロイド系が多いですよね。

でも、ステロイドって…やっぱり副作用が怖くて
小さな子供に使うのは抵抗がある方が多いと思います。

そこで、非ステロイドでも
ある程度効果が期待できるものはもちろんありますので
ご紹介したいと思います。

また、あせもはお薬を塗るだけではなかなか良くならなかったり、
一時良くなってもまた繰り返してしまう事が多いものです。
お薬と一緒に注意すべきケアについてもお話したいと思います。

 

「子供のあせも 保湿ケアだけで治せるか?【非ステロイドで効果的な薬とは?】」の続きを読む…

子供の成長痛 足や膝が痛い場合の対処法とは?

子供が成長していく過程で、
足やひざ関節の痛みを訴えることがあります。

成長

成長痛というくらいなので、
骨の成長と関係しているように思いますが、
実は骨の成長とは関係がないそうです。

子供の成長痛と対処法についてまとめてみました。

 

「子供の成長痛 足や膝が痛い場合の対処法とは?」の続きを読む…