赤ちゃんが暑いか寒いかわからない…暑い時のサインは?

おっぱいをあげてもオムツを取り替えても
抱っこしても赤ちゃんが泣き止まず困ってしまう事ありますよね。

泣き

赤ちゃんが泣いてしまう原因で
見落とされがちなのが「暑さ・寒さの問題」です。

赤ちゃんは自分で体温を調節する機能がまだ発達していません。

一通りお世話をしても赤ちゃんが泣きやまない場合、
暑いもしくは寒い事が原因である場合が結構あるのです。

しかし、赤ちゃんは当然話せませんから、
暑いのか、寒いのかどちらなのか迷ってしまうと思います。

お話ができないうちは、赤ちゃんの様子から
お母さんが判断してあげるしかありません。

なるべく早く赤ちゃんの不快を取り除くためにも、
暑いのか寒いのか素早く見極めてあげられるようになりたいですよね。

今回は赤ちゃんが暑がっているのか寒がっているのか
見極めるポイント
についていくつかお話したいと思います。

 

「赤ちゃんが暑いか寒いかわからない…暑い時のサインは?」の続きを読む…

赤ちゃんをおんぶ 何時間くらいなら良い?

なかなか泣き止まない赤ちゃん、
ハイハイやよちよち歩きで動き回り、目が離せない赤ちゃん
ずっと構っていたらお母さんは家事が出来ません。

赤ちゃん

家事どころか、食事すらままならない事もありますよね。
そんな時、おんぶが出来るととても楽です。

なぜならお母さんの両手が空きますから
家事をすることができますし、
動き回って目が離せない赤ちゃんも自分の背中にいてくれれば安心です。

でも、生まれたばかりの赤ちゃんはおんぶが出来ません。

おんぶはいつからしても良いのか?
どれくらいの時間おんぶしていても良いのか?

悩むところだと思います。

おんぶはうまく使えば赤ちゃんもお母さんにも
良い事が多いものです。
正しい知識のもとでうまく活用したいですね。

 

「赤ちゃんをおんぶ 何時間くらいなら良い?」の続きを読む…

夫に子育てを手伝ってほしい場合 上手な頼み方とは?

子育ては本当に大変ですよね。

ママ

一人で全てこなそうとするとお母さんは参ってしまいます。
その上家事もしなくてはならないとなると本当に大変です。

そんな時、一番近くにいるご主人には
ぜひ手伝って欲しいところです。

しかし、現実は…
急いでご飯支度をしている横で赤ちゃんが泣いているのに、
夫はリビングでテレビを見て笑っている…

「少しは手伝ってよ!!」
とムッとしてしまう事、ありますよね。

それをそのまま口にしてしまって
喧嘩になってしまったという経験のある方も多いはずです。

お母さんから見ると、一見無神経に見えるのですが、
殆どの男性は悪気があってやっているわけではありません。

私の主人も当初、子育てに非協力的だったのですが、
今では私が何も言わなくとも自分から手伝ってくれるようになりました。

日常生活で少し工夫することで、
ご主人にうまく子育てを手伝ってもらう事は出来ます。

今回は私がうまく主人に子育てのお手伝いを
してもらえるようになった秘訣
をお話ししたいと思います。

 

「夫に子育てを手伝ってほしい場合 上手な頼み方とは?」の続きを読む…

子供の抱っこで腰痛に!育児中の腰痛改善法は?

一日中抱っこ抱っこという子供。
育児中ママの疲労は常に極限に…

抱っこ

特に腰や肩には症状が出やすいものです。
子供が大きくなるにつれてどんどん腰に負担がかかり、
腰痛に悩まされているママってすごく多いですよね。

だけど育児にお休みはありません。
育児の合間などにでもできるストレッチや腰痛の改善法などを紹介します。

 

「子供の抱っこで腰痛に!育児中の腰痛改善法は?」の続きを読む…

赤ちゃんのげっぷが出ない…出させるコツとは?

赤ちゃんにげっぷをさせる
簡単なようで結構難しいものですよね。

げっぷ

出産後、子育てを始めて、
げっぷで最初に子育ての苦労を味わったという方も
多いのではないでしょうか?

私も上の子供の時、かなり苦労しました。

縦に抱っこし、トントントントン…
トントントントン…
やってもやっても出ない…

そのうち疲れてきてしまいます。

「今回は出ないのかな」
と寝かせると、苦しそうにしてゲロ…

また、お腹に空気が入るので、
苦しそうにおならを連発…

うーんうーんとうなってはおならをする娘、
とても可哀想でした。

なんとかしてあげたい、げっぷを出させてあげたい!
でもどうしてもうまく行かず、
げっぷが出るのは授乳3回に1回くらい。

げっぷをさせるのがうまく行かないために
授乳の時間を恐怖に感じるほどでした。

どうしたらげっぷを出せるのか、
子育て経験済みの友人やインターネット、
小児科の先生、色々な方に聞き、色々な方法を試してみました。

幸い、そのうちの一つの方法でうちの娘は
うまくげっぷを出せるようになりました。

げっぷの基本姿勢(?)は縦抱っこで、赤ちゃんの胸のあたりを
お母さんの肩に乗せてとんとん叩きます。

しかし、胃の形や向きなどは赤ちゃんにより多少違いがあり、
その子によってげっぷの出やすい体勢は違うそうです。

ですから、自分の赤ちゃんはどの方法でげっぷが出やすいかわかりませんので
出来るだけ色々なげっぷの出し方を知っておくと良いですね。

今回は私が知っている限りのげっぷの出し方
ご紹介したいと思います。

 

「赤ちゃんのげっぷが出ない…出させるコツとは?」の続きを読む…

赤ちゃんをずっと抱っこで肩こりがひどい場合の対処法

初めての抱っこしたときには、なんて軽いんだろうと思っていた赤ちゃんも
日に日に大きくなり、一日中抱っこしているママの方はガッチガチ…

抱っこ

産後の肩こりに悩まされるママは本当に多いみたいですよね。
育児中の肩こりを解消する方法をお伝えしたいと思います。

 

「赤ちゃんをずっと抱っこで肩こりがひどい場合の対処法」の続きを読む…

産後のお腹ぶよぶよ 効果のある戻し方は?

妊娠でたっぷりついたお腹の脂肪と伸びたお腹の皮…
出産後、早く何とかしたいものですよね。

妊婦

しかし、出産が終わったらそのまま怒涛のように
子育てがスタートします。
なかなかダイエットになんて気が回りませんよね。

中には育児が大変で何もせずに体重が一気に減った
という方も多いかもしれません。

でも不思議な事に、お腹周りだけお肉って取れにくいんですよね。

私も二人目の産後、1カ月かからずに一気に体重は
妊娠前プラス1.5キロまで戻ったのですが、
お腹周りに関してはまだお肉がかなり残っている感じがします。

妊娠前より1.5キロ多い分は全てお腹に残ってる???
と思うくらいです。

お腹のぶよぶよは、ズボンを履くとウエスト部分に
乗っかってしまったりと目立ちやすいですよね。

そんな取りにくいけど目立ってしまう産後のお腹のぶよぶよ
元に戻す方法を見てみましょう。

 

「産後のお腹ぶよぶよ 効果のある戻し方は?」の続きを読む…

子供のアルバム 手作りで安く仕上げる工夫は

どんどん増えていく子供の写真。

少女

将来子供が大きくなったときにプレゼントしたいと始めたアルバム作り。
写真屋さんでフォトブックを注文するのも良いけど、
少しだけ手をかけて手作りのアルバムを作ってみるのも良いものですよ(*^^*)

手作りアルバムを安く仕上げる方法をご紹介します。

 

「子供のアルバム 手作りで安く仕上げる工夫は」の続きを読む…

産後のストレッチマークを消したい場合の対処法

妊娠中大きくなってきたお腹にたっぷりクリームを塗って、
あまり太りすぎないようにと気をつけていたのに、
うっすらと見え始めてきたひび割れのような線。

妊婦

産後明らかに濃くなっている…
まさかこれは妊娠線?!

どんなに気をつけていても、
多くの妊婦さんのお腹に現れるストレッチマーク

出産の証と諦めるのか?
でもやっぱり消せるものなら消したいですよね。
ストレッチマークを消したいときの対処法についてまとめました。

 

「産後のストレッチマークを消したい場合の対処法」の続きを読む…

赤ちゃんがプラスチックを誤飲した場合の対処法は?

赤ちゃんは、なんでも口に入れようとしてしまいますよね。
そのため、誤飲の事故は非常に起きやすいものです。

baby

お薬やたばこ、洗剤などに関しては、危険ですから常に気を配り、
子供の手の届かない場所に置いているという方が殆どだと思います。

しかし、赤ちゃんが口に入れてしまう物は
それらだけではありません。

例えばプラスチックなんかは、子供のおもちゃにも
当たり前のように使用されている物ですから、
より赤ちゃんの口に入る危険は高いですよね。

もし間違えて赤ちゃんがプラスチックを誤飲してしまったら
どうしたら良いかご存じでしょうか?

いざという時に慌ててしまわないように、
しっかり対処法を押さえておきましょう。

 

「赤ちゃんがプラスチックを誤飲した場合の対処法は?」の続きを読む…