赤ちゃんのでべそが大きい 原因と対処法をまとめてみた

赤ちゃんが産まれて2週間ほどすると、
ついたままだったへその緒が自然にポロッととれますよね。

でべそ

その後で、「あれ?うちの子、でべそじゃない?」
と思うお母さんは多いです。

赤ちゃんはでべその子が多いものなのですが、
中にはピンポン玉くらいの大きさの子もいます。
「こんなに大きくて大丈夫なのかな?」と不安に思ってしまいますよね。

実はでべそは、放っておいても時間の経過とともに治る事がほとんどなので、
特に気にする必要はありません。
ただ稀に、病院で治療をしなければいけない場合もあります。

どんな状態のでべそだと、問題があるのでしょうか?
詳しく書いていきます。

 

「赤ちゃんのでべそが大きい 原因と対処法をまとめてみた」の続きを読む…

赤ちゃんの臍ヘルニア(でべそ)治す方法は?

臍ヘルニアというのは、俗にいう出べその事です。

baby

少なくとも10人に一人は臍ヘルニアを発症するという事で、
それほど珍しいものではありません。

私の息子も臍ヘルニアでした。

自然と治ることが多いと聞いていたので、
それほど気にしていなかったのですが、
1か月検診の際、

「縛って取りたいところだけど、難しそうだから
お薬で焼きます」

と言われ、処置されました。

しかし、息子の臍ヘルニアは治らず、
焼いた跡の部分の色が悪くなっただけでした…

そこで初めて、臍ヘルニアについて詳しく調べ、
場合によっては手術しなくてはならないケースもあることを知ったのです。

これは大変な事になった!!
と遅ればせながらかなり慌てたのですが、
予防接種の時に行った小児科で相談し、先生のおっしゃる通りにしたところ、
2週間ほどですぐ治すことができました。

出べそは特に気にしなくても良いと個人的には思いますが、
子供の事を思うと、できれば手術は回避してあげたいですよね。

それに、幼少期はやはりお友達にからかわれたりしてしまう事もあるようです。
ですから、治せるものなら、早いうちに治しておいてあげて欲しいと思います。

 

「赤ちゃんの臍ヘルニア(でべそ)治す方法は?」の続きを読む…