トイレトレーニングの方法 効果があったものは?

子供のトイレトレーニング、どうすればいいのか分からず、
不安に思っていませんか?

赤ちゃん

私も初めてのトイレトレーニングは分からないことだらけ、
何から始めていいのかさえ分かりませんでした。
だから、2人の娘のトイレトレーニングにかなり試行錯誤しました。

一筋縄ではいかなかったトイレトレーニングですが、
オムツを無事に卒業することができました。
今回は、そんな私と娘たちのトイレトレーニングを紹介します。

 

「トイレトレーニングの方法 効果があったものは?」の続きを読む…

野菜嫌いの子供に野菜を食べさせる方法

子供の食事に関して、遊び食べなど、マナーに関する事と同じくらい
野菜嫌いに悩むお母さん方は多いと思います。

野菜

最初から特定の野菜、あるいは野菜全般が苦手というお子さんもいれば、
離乳食の時は何事もなくぱくぱく食べていたのに、
急に野菜を食べなくなるというパターンもありますね。

わが子は後者で幼稚園に入った頃から 急に野菜が苦手になってしまいました。
最終的に食べはするものの、 なんとなく最後までいつも野菜(特にサラダなどの生野菜)が
残るようになり、 次第に本当に残すようになっていったという感じです。

でも、野菜ってやっぱり体に良いですから、 親としてはぜひ食べてほしいですよね。
子供の野菜嫌い、どのように克服したら良いでしょうか?
一緒に考えてみましょう。

 

「野菜嫌いの子供に野菜を食べさせる方法」の続きを読む…

子供にひらがなの読み書きを教える方法【効果的な方法は?】

お父さんやお母さんが初めて子供に教える「お勉強」は
やはりひらがなの読み書きだと思います。

お絵かき

それまでも、ごはんの食べ方、トイレの行き方、
歯の磨き方など色々な事を教えてきたと思います。

しかしひらがなの読み書きはそれまでの生活習慣についての指導などと違い
なかなかうまくいかなかったり、どう教えたらよいのかわからなかったり
イライラしてしまうという親御さん、非常に多いようです。

読みに関しては比較的楽しく、ゲーム感覚で学びやすいものですが、
特に書き方については教えるのが難しいと感じている方が多いと思います。
私も書き方を教えるのはかなり苦戦しました。

お手本を見て書いているはずなのに
鏡文字になってしまうなど、うまくできない娘に対し
「よく見て!」
とつい口調がきつくなってしまう事もありました。

そうなってくると、まだ小さな子供は
一気にやる気を失ってしまったりします。

どうしたら、怒らず、楽しく子供にひらがなの読み書きを
教えてあげられるでしょうか?

効果的なひらがなの読み書きの教え方について考えてみましょう。

 

「子供にひらがなの読み書きを教える方法【効果的な方法は?】」の続きを読む…

乳幼児突然死のリスクにもなる?赤ちゃんのうつぶせ寝の癖を治す方法は?

最近の常識とは違い、少し前には、
「赤ちゃんはうつぶせに寝かせた方が良い」という意見が多く、
赤ちゃんはうつぶせに寝かせよう!と言われていました。

赤ちゃん

しかし、今は全くの逆ですね。
なるべくうつぶせ寝はさせないようにという指導に代わっています。

しかし、なぜかうつぶせ寝が好きな赤ちゃん多いですよね。
私の息子もそうです。

現在生後7ヶ月ですが、
つい先日までうつぶせでしか寝てくれませんでした。

毎晩うつぶせで寝る息子と、
起こさないようにひっくり返す私との攻防が何度も繰り返され、
仰向けにしては泣かれる日々でした。

私はなんとかうつぶせ寝の癖を治すことが出来ましたが、
同じように苦戦されているお母さん多いと思います。

今回は私が息子のうつぶせ寝の癖を治した方法も含め、
赤ちゃんのうつぶせ寝の癖を治す方法
をお伝えしたいと思います。

 

「乳幼児突然死のリスクにもなる?赤ちゃんのうつぶせ寝の癖を治す方法は?」の続きを読む…

子供の場所見知り 克服する方法とは?

赤ちゃんは生まれてからしばらくは、
ほぼお家の中で過ごし、お母さんやお父さんなど
家族の顔しか見ずに生活していきます。

赤ちゃん

少しずつ成長していくと
家の中から外の世界へ出る機会が出てきますよね。

そしてお父さん、お母さん以外の人との接触も増えていくと
人見知り、場所見知りが出てくるお子さんがいらっしゃいます。

我が家には、よく小さなお子さんが遊びに来てくれるのですが、
中にはやはり人見知りや場所見知りがひどく、
どんなにおもちゃを出してあげても、固まったまま動かなかったり、
お母さんに隠れて泣き続けている子がいます。

それもその子の個性かとは思うのですが、
あまりひどいと
「今後幼稚園などに入ってやっていけるだろうか…」
「社会で普通に生活していけるようになるのだろうか…」

と親は心配になると思います。

人見知りをするお子さんは一過性の場合も含めれば
かなりの数いらっしゃると思いますので、対処法等相談もしやすいですよね。

しかし、場所見知りは人見知りに比べてする子が少ないので、
対処法がわからないというお母さん多いと思います。

そこで、もし子供がひどい場所見知りになってしまったら
どう克服していったらよいのか
お話したいと思います。

 

「子供の場所見知り 克服する方法とは?」の続きを読む…

赤ちゃんにお薬を飲ませる上手な方法とは?

赤ちゃんにお薬を飲ませるのは難しいですよね。

赤ちゃん

特に母乳だけで育っている赤ちゃんで、
まだ離乳食を始めていない場合、
水で溶いてスプーンでという事も難しいので、
どうして良いのかわからないという方も多いと思います。

私も上の子供の時、生後4ヶ月で下痢をし、
粉のお薬を処方されたのですが、
どうやって飲ませたらよいのか全く分からず途方にくれました。

お薬を飲むという事は何かしら体調が悪いのですから、
ぜひしっかりお薬を飲んで治してもらいたいですよね。

では赤ちゃんに上手にお薬を飲ませるには
どうしたら良いでしょうか?

私が薬剤師さんから聞いた話などをまとめてみましたので
参考にしてみてください。

 

「赤ちゃんにお薬を飲ませる上手な方法とは?」の続きを読む…

子供の偏食 上手な改善・解消方法とは?

「お肉は好きだけど、お魚や野菜を全然食べてくれない」
「離乳食の時はなんでも食べてくれたのに」など、
子供の偏食に悩むママは多いようです。

弁当

そもそも子供の偏食の原因って何なのでしょう?
偏食を上手に改善する方法や解消法をご紹介したいと思います。

 

「子供の偏食 上手な改善・解消方法とは?」の続きを読む…

育児ノイローゼ セルフチェックの方法は?

言葉のわからない赤ちゃんや
なかなか言うことを聞いてくれない幼児と向き合うのは
とても大変なことですよね。

育児

育児って楽しいことばかりではないんですよね。
そんな中、手助けをしてくれる人や相談できる人が近くにいないと、
ストレスが溜まってしまったり、育児ノイローゼになってしまうことも。

私は大丈夫だと思っていても、
実はノイローゼ一歩手前ということも…

自分でできる育児ノイローゼのセルフチェックや、
育児ノイローゼにならないようにするためにできること
について
まとめてみました。

 

「育児ノイローゼ セルフチェックの方法は?」の続きを読む…

生えたての乳歯のケア方法とは?

ちらりと見える小さな歯、
赤ちゃんの生えたての歯は、何とも可愛らしいですよね。

歯

しかし、親はかわいいとばかりも言っていられません。

歯が生えてきたら、授乳中に噛まれて痛いし、
歯磨きの事も考えなくてはいけませんから大変なのです。

特に歯磨きなど乳歯のケア
虫歯を防ぐためにも重要になってきます。

でも、生えたての歯ってとても小さいですし、
赤ちゃんは口をすすぐことも出来ませんから、
どうやって歯磨きなどのケアをしてあげたらよいのか
分からないという方も多いのではないでしょうか?

小さな歯でも大事な歯です。
赤ちゃんはまだ自分では何もできませんから、
お父さん、お母さんが乳歯のケアの方法を学び、
しっかり守ってあげましょう。

 

「生えたての乳歯のケア方法とは?」の続きを読む…

母乳の出の量を調節する方法【出すぎたり、少なすぎたりを解決】

最近はミルクも非常に研究されていて、
栄養面では母乳に決して劣らないと思います。

ミルク

しかし、免疫などの観点から言うと、
やはり母乳が赤ちゃんにとっては一番の栄養と言われているのも事実です。

ですからできるだけ母乳で育てたいと
思っているお母さんが多いと思います。

おっぱいは、最初こそなかなかでなかったり、
ひどく張ったりなど苦労しますが、
リズムに乗ってくるとだいたい丁度良い量の母乳を
作ってくれるようになってくるものです。

しかし、赤ちゃんの哺乳の間隔が定まらなかったり、
一時母乳をあげられなかったりなどした場合
母乳の量が多すぎたり少なすぎたりという状態に陥ってしまう事があります。

私は完全に、母乳が出すぎのタイプでした。

出るんだから良いじゃないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
それはそれで結構大変なんです。

夜中に授乳感覚が空くと
もうおっぱいが痛くてたまりません。

お風呂に入っただけでジャージャーと勝手におっぱいが出てしまったり、
母乳パットをつけ忘れて寝たら夜中にパジャマまでベシャベシャです…

一人目の時は卒乳するまでずっとそんな調子でした。

二人目の時も最初そのような感じだったのですが、
産院で助産師さんから教えていただいた方法で
おっぱいの出を抑えることに成功したのです。

私とは逆に、おっぱいの量が少ないという場合も
量を増やすことは当然できます。

おっぱいは非常に賢いものなので、
ちょっと工夫することで量を調節することができるのです。

 

「母乳の出の量を調節する方法【出すぎたり、少なすぎたりを解決】」の続きを読む…