赤ちゃんとペットが同居で生活している家庭の注意点とは?

最近は、飼い犬や飼い猫なども「ペット」というよりは
「家族」としてご家庭に迎え入れられているケースが
とても多いと思います。

猫

私の知人にも、ご夫婦でペットをわが子のように
かわいがっている方が何人もいらっしゃいます。

先日、そんなご夫婦からこんなご相談を受けました。
「我が家についに赤ちゃんを授かったのだけれど、
今一緒に住んでいる3匹の犬たちはそのまま室内で
飼い続けても大丈夫なのかな?」

そのご家庭は3匹の室内犬を飼われていました。

奥様が妊娠した際に、
「トキソプラズマに感染する恐れがあるため、猫には触らない方が良い」
という話を聞き、
「犬は大丈夫なの?」
「ペットを飼っていると何か赤ちゃんに害がある可能性があるの?」
と心配になったのだそうです。

そのご夫婦は今まで家族同様に暮らしてきたわんちゃんたちを
手放すことは出来ないので、もしペットと赤ちゃんが同居できないのなら、
赤ちゃんが大きくなるまで夫婦どちらかの実家などで
預かってもらえないか等、策を講じる必要があるので真剣でした。

実際、
「妊婦は猫の糞の処理はしないように」という話は
私も同じくトキソプラズマ感染の危険という事で聞いたことがありました。

また、アレルギーの問題等もありますから、
いくらかわいいペットとはいえ、新生児と同居できるのかどうか
心配になる気持ちは分かります。

実際の所、どうなのかというと、
飼っていたワンちゃんや猫ちゃんと一緒に
赤ちゃんが生活することはできます。

但し、そこにはいくつか注意しなくてはいけない点がありますので
ペットを飼われている方はしっかり押さえておきましょう。

 

「赤ちゃんとペットが同居で生活している家庭の注意点とは?」の続きを読む…

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る際の注意点は?【持っていきたい持ち物は?】

小さな赤ちゃんと公共の乗り物に乗るのは
なかなか大変な事ですよね。

飛行機

電車やバス、地下鉄などならば、最悪途中下車も出来ますが、
飛行機だとそうはいきませんので、
赤ちゃん連れの乗り物の中でも難関だと思います。

私の親戚も、昨年身内に不幸があった際、
赤ちゃんを連れて飛行機に乗ってやってきたのですが、
万全に準備していたつもりがやはり泣いてしまったそうです。

当然周囲の乗客の方には平謝りだったそうですが、
何人かはやはり冷ややかな目で、
明らかに不愉快そうに見ていたと言っていました。

そんな事も現実にはありますから、
出来る事ならば赤ちゃんと飛行機で移動はしたくありませんが、
冠婚葬祭などどうしても乗らざるを得ない場合もあると思います。

赤ちゃんと飛行機に乗る時には、どのような点に注意したら良いのか
持っていくと便利な持ち物などまとめてみましたので
ご参考になればと思います。

 

「赤ちゃんを連れて飛行機に乗る際の注意点は?【持っていきたい持ち物は?】」の続きを読む…

自分の子供を「サイレントベビー」にしないための注意点とは?

自分の赤ちゃんを「手のかからない良い子だわ~」
と安心していたら大間違い、
実はサイレントベビーかもしれませんよ。

赤ちゃん

最近よく言われていますよね。
サイレントベビーになると、
赤ちゃんの頃は手がかからないけれども
その後の成長過程で色々な悪影響があると言います。

私はこの話を聞いてドキリとしました。
実は私の下の子供(現在生後8ヶ月)が本当に手のかからない子なのです。

寝る時は横にいてちょっと手を握って
ちょっとイチャイチャしてやれば勝手に寝てくれるし、
泣いても抱けば、というより抱き上げている途中くらいですぐに泣き止むし、
ムスムスした声が聞こえて来るので、泣くのかな…と思い
顔を見せてやるとそれだけでニヤニヤと笑い…

離乳食もよく食べ、私以外の家族があやしても笑い
お風呂も嫌がらずなんら問題ないと思っていたのに…

「もしかしてうちの子サイレントベビーなの??」
将来に悪影響と言われすごく心配になりました。

後に、私の子はどうやらサイレントベビーではないという事がわかり
ホッとしたのですが、どうもこの「サイレントベビー」という言葉だけが
先に有名になってしまい、無駄に世間のお母さんたちを
不安に貶めているような気がしました。

そこで、実際の所、サイレントベビーとはどんな赤ちゃんの事なのか、
自分の子供をサイレントベビーにしないためにはどうしたら良いのか
まとめてみましたので参考にしてみて下さい。

 

「自分の子供を「サイレントベビー」にしないための注意点とは?」の続きを読む…

手足口病の感染予防法 自宅でできる注意点とは?

夏になると感染のピークを迎える手足口病
保育園や幼稚園、学校などでの集団感染もよくあることです。

幼稚園

特に乳幼児は、衛生観念も発達していないため、
ウイルスに感染しやすいので注意が必要です。

手足口病の症状や感染経路、手足口病に感染しないようにするために、
自宅でできる注意点
などについてまとめました。

 

「手足口病の感染予防法 自宅でできる注意点とは?」の続きを読む…

赤ちゃんと初めての子連れ旅行 宿の選び方や注意点とは?

赤ちゃんにとって初めての旅行、
楽しみな反面不安も多いですよね。

赤ちゃん

機嫌が悪くなって周囲に迷惑をかけないだろうか?
急に具合が悪くなったらどうしたら良いだろう?
そもそもこんな小さな赤ちゃんを連れて旅行しても良いのだろうか…

色々心配になると思います。

当然新生児の赤ちゃんと旅行は無理ですが、
遠出ができるようになってくる5-6ヶ月以降の赤ちゃんとでしたら
旅行は可能です。
但し、当然それなりの準備や心構えが必要になります。

楽しいはずの旅行が、準備不足で大変な事になったり、
周囲の人に迷惑にならないよう、
赤ちゃんとの旅行に必要な事は事前にを確認しておきましょう。

 

「赤ちゃんと初めての子連れ旅行 宿の選び方や注意点とは?」の続きを読む…

子供の髪の毛カット おうちでやる場合の注意点は?

皆さんはお子様の髪の毛のカット、
どうなさっていますか?

床屋

お子さんが小さいと、
まだ美容室や床屋さんでじっとしていることが難しいですよね。

お金もかかりませんし、
家で切っているという方、多いと思います。

しかし、素人ですからなかなかうまく出来ませんよね。

私も娘の前髪を切りすぎてしまった!
という失敗が結構あります。

小さな子供でも、気に入らない髪型にされてしまうと、
結構ショックを受けてしまうようです。

私のようにカットの失敗だけであれば、
髪はいずれ伸びるので何とかなります。

しかし、最悪子供に怪我をさせてしまう事もあるので
子供の髪の毛カットは注意してやらなくてはいけません。

今回、子供の髪の毛カット おうちでやる場合の注意点について
まとめてみました。

 

「子供の髪の毛カット おうちでやる場合の注意点は?」の続きを読む…

お風呂でバンボチェアを使うときの注意点

首が座る時期から使えるバンボチェア。
早い時期から使えるので本当に便利ですよね。

バンボ

背中や腰をすっぽり包みこんでくれるので、
安心して座らせておくことが出来ますよね。

離乳食のときや、ママが家事をしている間も、
機嫌よくお座りしてくれて、とても便利ですよね。

我が家でも大活躍したベビーグッズのひとつです。
お風呂に入れるときに使ったこともあります。
一人でお風呂にいれなくてはならなかったので、本当に重宝しました。

が!ものすごく注意も必要です。
お風呂でバンボチェアを使うときの注意点についてまとめました。

 

「お風呂でバンボチェアを使うときの注意点」の続きを読む…