赤ちゃんのでべそが大きい 原因と対処法をまとめてみた

赤ちゃんが産まれて2週間ほどすると、
ついたままだったへその緒が自然にポロッととれますよね。

でべそ

その後で、「あれ?うちの子、でべそじゃない?」
と思うお母さんは多いです。

赤ちゃんはでべその子が多いものなのですが、
中にはピンポン玉くらいの大きさの子もいます。
「こんなに大きくて大丈夫なのかな?」と不安に思ってしまいますよね。

実はでべそは、放っておいても時間の経過とともに治る事がほとんどなので、
特に気にする必要はありません。
ただ稀に、病院で治療をしなければいけない場合もあります。

どんな状態のでべそだと、問題があるのでしょうか?
詳しく書いていきます。

 

「赤ちゃんのでべそが大きい 原因と対処法をまとめてみた」の続きを読む…

赤ちゃんの衣類の水通しはいつまでやるの?効果的なやり方とは?

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、敏感肌です。
肌の持つ機能をまだ最大限に発揮できないため、とても刺激に弱い状態です。

だからこそ、赤ちゃんが身に着けるものには
とても気を遣わなくてはいけません。

赤ちゃん

初めて赤ちゃんが身に着ける衣類を、
1度軽く水洗いすることを「水通し」といいますが
この衣類の水通しって一体いつまでやればいいのでしょうか?

いつになったら、幼児や大人のように、
新品の衣類をすぐに着せても大丈夫なのでしょうか?

赤ちゃんの衣類を水通しする目的をもう1度確認しながら
いつまで続けるのがいいのか、効果的な水通しはどんなものなのか
考えてみましょう。

 

「赤ちゃんの衣類の水通しはいつまでやるの?効果的なやり方とは?」の続きを読む…

赤ちゃんが後追いしないのが逆に不安?愛情不足?発達障害?

初めての育児はわからない事だらけで不安もいっぱい!
特に今まで赤ちゃんや小さい子供と触れ合う機会がなかったお母さんは、
自分の子供しか知らないのでよけいに不安を感じてしまうようです。

ハイハイ

雑誌やネットでは生後8か月の時期から後追いが始まると書いてあるのに、
うちの子はまったく後追いがない…
何か障害があるのかしら…?

そう不安に感じているお母さんのために
赤ちゃんの後追いについて詳しく見ていきたいと思います。

 

「赤ちゃんが後追いしないのが逆に不安?愛情不足?発達障害?」の続きを読む…

手づかみ食べを始めた赤ちゃんにおすすめの食べやすい離乳食とは?

最初はお母さんのおっぱいを飲んだり、
ご飯も食べさせてもらっている赤ちゃんですが、
いずれ自分で食べる事を覚える時期がやってきます。

離乳食

でも、
「汚されたくないから、まだ自分では食べさせたくないな…」
というのが多くのお母さんの本音だと思います。
私もそうでした。

私の娘は7ヶ月でもうスプーンを持ちたがり
渡さないと泣きわめくので「出来るもんならやってみろ」と自分で食べさせてみました。

当然、顔も服もぐちゃぐちゃ…
食べこぼしというか、口に入っているのは半分以下という状況でした。

それでも自分でやりたいと泣くので
食事の度、床に大きなブルーシートを敷いて
終わったら汚れたブルーシートを浴室のシャワーで流すという事を
毎回やっていたのを思い出します。

我が家はちょっと自分で食べ始めるのが早かったので
余計にひどい状況になりましたが、もう少し月齢の進んだ赤ちゃんであっても
やはり多少は汚れる事は覚悟した方が良いでしょう。

そんなお母さんにとってはちょっぴり憂鬱な手づかみ食べの時期ですが
赤ちゃんも食べやすく、汚れにくい離乳食を作ってあげる事
グンと楽になると思います。

ぜひ今回紹介する離乳食、取り入れてみてください。

 

「手づかみ食べを始めた赤ちゃんにおすすめの食べやすい離乳食とは?」の続きを読む…

赤ちゃんに読ませる初めての絵本 どんなものを選べば良い?

小さな子供に絵本の読み聞かせをしてあげると、
想像力が豊かになったり、コミュニケーションが上手になったり
子供とって良い事が沢山あると言われています。

絵本

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんに絵本の読み聞かせをしても
意味は当然分かっていませんし、反応だってありませんよね。

読み聞かせは赤ちゃんのうちからさせると良いと聞きます。
ただ赤ちゃんに読んで楽しんでもらえる絵本はどう選べば良いのか
悩むお母さんも多いと思います。

筆者もとても悩み、あれこれ色々な絵本を買いました。

赤ちゃんには早すぎたのか、当初全く興味を示さず、
2-3歳くらいになって興味を示すようになった本もあれば
0歳の頃でも喜んでくれた本もありました。

赤ちゃんに読んであげる絵本、どんなものを選んであげると良いのか?
筆者の経験も含め、まとめてみます。

筆者の子供が赤ちゃんの時に喜んでくれた本も3冊紹介しますので
ご参考になればと思います。

 

「赤ちゃんに読ませる初めての絵本 どんなものを選べば良い?」の続きを読む…

赤ちゃんの乳歯が生えてこない?問題あり?一般的に生えてくる時期は?

赤ちゃんの成長は本当に人それぞれ。
分かってはいても、周りの子よりも遅いと
「何か問題があるのかしら?」
と心配になってしまうのが親の心理ですよね。

赤ちゃん

「うちの子寝返りまだしない…」
「ハイハイしない…」
「つかまり立ちしない…」

などなど、言い出すときりがないのですが、
どれも当のお母さんには深刻な心配事なんですよね。

赤ちゃんの初めての歯が生えてこない…
これもそんなよくある「うちの子まだ…?」系の
お悩みの一つだと思います。

その他の「うちの子まだ…」のお悩みと同様、
歯が生えてくる時期も赤ちゃんによってまちまちです。
殆どの場合、少し遅いからと言って心配する必要はありません。

しかし、だからと言って絶対に問題が無いとも言えないのです。

赤ちゃんの歯は一般的にどれくらいに生えてくるものなのか、
もし乳歯が生えてこない場合どのような問題があるのか、
いつ頃までに生えてこなかったら受診すべきなのか
まとめてみましたので覚えておいてください。

 

「赤ちゃんの乳歯が生えてこない?問題あり?一般的に生えてくる時期は?」の続きを読む…

赤ちゃんと目が合わない場合 考えられる事とは?

可愛い赤ちゃん、一生懸命あやしているのに、
なんだか自分の顔を見てくれない…
寂しいですよね…

泣く

自分が寂しい思いをするだけならば良いですが、
赤ちゃんと目が合わない状態が続くと、
「コミュニケーションが苦手?」
「何か障害がある?」

など心配になりますよね。

赤ちゃんが目を合わせてくれない原因にはどんな事があるのか、
また、赤ちゃんと目が合わない場合、どのような事が考えられるのか、

まとめてみました。

 

「赤ちゃんと目が合わない場合 考えられる事とは?」の続きを読む…

赤ちゃんとペットが同居で生活している家庭の注意点とは?

最近は、飼い犬や飼い猫なども「ペット」というよりは
「家族」としてご家庭に迎え入れられているケースが
とても多いと思います。

猫

私の知人にも、ご夫婦でペットをわが子のように
かわいがっている方が何人もいらっしゃいます。

先日、そんなご夫婦からこんなご相談を受けました。
「我が家についに赤ちゃんを授かったのだけれど、
今一緒に住んでいる3匹の犬たちはそのまま室内で
飼い続けても大丈夫なのかな?」

そのご家庭は3匹の室内犬を飼われていました。

奥様が妊娠した際に、
「トキソプラズマに感染する恐れがあるため、猫には触らない方が良い」
という話を聞き、
「犬は大丈夫なの?」
「ペットを飼っていると何か赤ちゃんに害がある可能性があるの?」
と心配になったのだそうです。

そのご夫婦は今まで家族同様に暮らしてきたわんちゃんたちを
手放すことは出来ないので、もしペットと赤ちゃんが同居できないのなら、
赤ちゃんが大きくなるまで夫婦どちらかの実家などで
預かってもらえないか等、策を講じる必要があるので真剣でした。

実際、
「妊婦は猫の糞の処理はしないように」という話は
私も同じくトキソプラズマ感染の危険という事で聞いたことがありました。

また、アレルギーの問題等もありますから、
いくらかわいいペットとはいえ、新生児と同居できるのかどうか
心配になる気持ちは分かります。

実際の所、どうなのかというと、
飼っていたワンちゃんや猫ちゃんと一緒に
赤ちゃんが生活することはできます。

但し、そこにはいくつか注意しなくてはいけない点がありますので
ペットを飼われている方はしっかり押さえておきましょう。

 

「赤ちゃんとペットが同居で生活している家庭の注意点とは?」の続きを読む…

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る際の注意点は?【持っていきたい持ち物は?】

小さな赤ちゃんと公共の乗り物に乗るのは
なかなか大変な事ですよね。

飛行機

電車やバス、地下鉄などならば、最悪途中下車も出来ますが、
飛行機だとそうはいきませんので、
赤ちゃん連れの乗り物の中でも難関だと思います。

私の親戚も、昨年身内に不幸があった際、
赤ちゃんを連れて飛行機に乗ってやってきたのですが、
万全に準備していたつもりがやはり泣いてしまったそうです。

当然周囲の乗客の方には平謝りだったそうですが、
何人かはやはり冷ややかな目で、
明らかに不愉快そうに見ていたと言っていました。

そんな事も現実にはありますから、
出来る事ならば赤ちゃんと飛行機で移動はしたくありませんが、
冠婚葬祭などどうしても乗らざるを得ない場合もあると思います。

赤ちゃんと飛行機に乗る時には、どのような点に注意したら良いのか
持っていくと便利な持ち物などまとめてみましたので
ご参考になればと思います。

 

「赤ちゃんを連れて飛行機に乗る際の注意点は?【持っていきたい持ち物は?】」の続きを読む…

乳幼児突然死のリスクにもなる?赤ちゃんのうつぶせ寝の癖を治す方法は?

最近の常識とは違い、少し前には、
「赤ちゃんはうつぶせに寝かせた方が良い」という意見が多く、
赤ちゃんはうつぶせに寝かせよう!と言われていました。

赤ちゃん

しかし、今は全くの逆ですね。
なるべくうつぶせ寝はさせないようにという指導に代わっています。

しかし、なぜかうつぶせ寝が好きな赤ちゃん多いですよね。
私の息子もそうです。

現在生後7ヶ月ですが、
つい先日までうつぶせでしか寝てくれませんでした。

毎晩うつぶせで寝る息子と、
起こさないようにひっくり返す私との攻防が何度も繰り返され、
仰向けにしては泣かれる日々でした。

私はなんとかうつぶせ寝の癖を治すことが出来ましたが、
同じように苦戦されているお母さん多いと思います。

今回は私が息子のうつぶせ寝の癖を治した方法も含め、
赤ちゃんのうつぶせ寝の癖を治す方法
をお伝えしたいと思います。

 

「乳幼児突然死のリスクにもなる?赤ちゃんのうつぶせ寝の癖を治す方法は?」の続きを読む…