手づかみ食べを始めた赤ちゃんにおすすめの食べやすい離乳食とは?

最初はお母さんのおっぱいを飲んだり、
ご飯も食べさせてもらっている赤ちゃんですが、
いずれ自分で食べる事を覚える時期がやってきます。

離乳食

でも、
「汚されたくないから、まだ自分では食べさせたくないな…」
というのが多くのお母さんの本音だと思います。
私もそうでした。

私の娘は7ヶ月でもうスプーンを持ちたがり
渡さないと泣きわめくので「出来るもんならやってみろ」と自分で食べさせてみました。

当然、顔も服もぐちゃぐちゃ…
食べこぼしというか、口に入っているのは半分以下という状況でした。

それでも自分でやりたいと泣くので
食事の度、床に大きなブルーシートを敷いて
終わったら汚れたブルーシートを浴室のシャワーで流すという事を
毎回やっていたのを思い出します。

我が家はちょっと自分で食べ始めるのが早かったので
余計にひどい状況になりましたが、もう少し月齢の進んだ赤ちゃんであっても
やはり多少は汚れる事は覚悟した方が良いでしょう。

そんなお母さんにとってはちょっぴり憂鬱な手づかみ食べの時期ですが
赤ちゃんも食べやすく、汚れにくい離乳食を作ってあげる事
グンと楽になると思います。

ぜひ今回紹介する離乳食、取り入れてみてください。

 

「手づかみ食べを始めた赤ちゃんにおすすめの食べやすい離乳食とは?」の続きを読む…